注文住宅に吹き抜けを設けるメリット・デメリットを知ろう!

公開日:2022/12/15


注文住宅を建築するにあたって、候補のひとつに入ってくるのが吹き抜けを設けることです。多くの住宅で取り入れられている吹き抜けですが、実際はどのようなものなのでしょうか。ここでは注文住宅に吹き抜けを設けるメリットとデメリット、吹き抜けのある注文住宅を建てる際に注意するべきポイントについて解説していきます。

注文住宅に吹き抜けを設けるメリット

一般的な住宅でいう吹き抜けとは、簡単にいえば住宅の一階部分と上位階部分の境界を取り払い、ひとつの空間を作り出したものです。近年、住宅展示場のモデルハウスに多く用いられることもあり、導入したいと考えている方も多いのではないでしょうか。

メリットは、なんといっても大きな縦に抜ける空間を作ることにより、解放感を得られることです。見上げればその先は上階部分の天井ですから、三階建てなどで導入すればそれこそ高級ホテル並みの高級感、解放感を得られることでしょう。空間が空いていることは通風に優れることにもなります。住宅内部で空気が循環することは、居住する人間や躯体にとって非常に好ましいことです。

現代の住宅の空気は24時間換気を導入して循環させていますが、その不充分さは多くの方が指摘しています。吹き抜けはこの不充分な換気システムを補完する役割も持ち、綿密な通風計画を実現した住宅で導入すればよりよい住環境を担保できることでしょう。採光に役立つ点も見逃せません。住宅は必ずしも日当たりが良好なものばかりではないでしょう。

「北向き」「狭小地」「大きな建物に囲まれている」などの条件が悪い土地では採光が見込めない場合がありますが、上記の通り吹き抜けは上位階までの開けた空間があるので、そこに窓を設ければ「リビングの上部に吹き抜けを作って最大限自然の光を有効活用する」「玄関に光が入らないので暗い。上部に吹き抜けを設けて明るい玄関を実現する」「階段にスキップフロアを設け、そこの上部を吹き抜けにすることで家族が集まりやすい場所の採光を確保する」といったアイデアで解決できる可能性があります。

注文住宅に吹き抜けを設けるデメリット

吹き抜けには上記のような多くのメリットがありますが、デメリットも当然あります。まず冷暖房効率が悪いことです。たとえば、リビング上部に吹き抜けを設けた場合、エアコンなどから出た空気は上位階まで広がってしまいます。このため、「強風設定してもなかなか涼しくならない」「光熱費が高くなった」「恰好よさそうだったから設置したが、冬は寒くてどうしようもない」ということが起こり得ます。上位階のスペースを使えないのもデメリットでしょう。吹き抜けを設けるとその部分は空間として使えません。本来上位階の床部分であったところを吹き抜けにするのですから、当然といえば当然ですが、床面積の活用という意味でいえばその部分はデッドスペースになります。

間取りの制約を受けたり耐震性が低下することがあったりするのもデメリットでしょう。吹き抜けを作るということはその部分が大きく開くことになります。落下防止や生活動線の観点などのからほかの間取りは大きな影響を受けるのです。先述の床面積の減少と相まって他の部分は多少妥協する必要が出てくるかもしれません。耐震性の低下は重要な問題です。住宅は基本的に立方体のものが耐震上最良といわれています。これは、基礎や躯体にかかる負荷の分散が等分されやすいということを根拠としていますが、吹き抜けはこれに逆らうものになるからです。

吹き抜けは、本来あるべき柱、梁などを排して空間を作り出すので、設計の段階で綿密な構造計算が必要になります。具体的には、ほかの部分に補強のために柱、梁、耐震金物を追加するということです。それゆえ、構造計算は各部位の負荷が耐震上問題ない範囲で収まるようにされますが、吹き抜けの設置は他の空間の間取りが制限されたり、耐震性が低下したりすることを許容しなければならないでしょう。

吹き抜けのある注文住宅を建てる際に注意するべきポイント

吹き抜けのある注文住宅を建てる際に注意するべきポイントは、上記のメリット、デメリットをしっかりと頭に入れて設置を検討することです。住宅展示場のモデルハウスなどにいくと、いかにも「素敵な」吹き抜けがあり、「うちにも設置したい」と考えるのはごく自然な発想でしょう。

しかし、住宅メーカーの方が上記のようなメリット、デメリットをしっかりと説明してくれるとは限りません。住宅は高い買い物ですので、一時の感情で設置すると後悔することになるかもしれません。くれぐれもしっかりと家族の中で居住後の生活を話し合い、納得した上で設置するようにしましょう。

まとめ

ここでは注文住宅に吹き抜けを設けるメリット、デメリット、吹き抜けのある注文住宅を建てる際に注意するべきポイントについて解説してきました。吹き抜けには多くのメリット、デメリットがあり、多くのことを比較検討する必要があることがわかりましたね。居住後の生活を明確にイメージし、最適な選択をすることが成功の鍵といえます。上記を参考に吹き抜けの設置を検討してみてください。

【名古屋市】おすすめの注文住宅メーカーランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名ショーナン・ホームクラシスホーム一条工務店アールギャラリーアイフルホーム
特徴①スピーディーな対応である上に、親身になって取り組んでくれる工務店100%自社設計・施工ならではの自由度、デザイン力、安心感のある建築会社ギネス世界記録にも認定されたハウスメーカー高コスパなことはもちろん、デザイン・機能性まで兼ね備えている住宅メーカー子どもの安全に配慮された優しい家を建ててくれるハウスメーカー
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索